So-net無料ブログ作成

リアキャリア取り付け [CB400SF]

CB400ってシート下の収納が大きいとは言え、ビッグスクーターみたいに大きな荷物が入るわけではない。

急な買い物(衝動買い)の場合、どうやって積んで帰ろうか迷う。通勤のとき、都度荷物をくくりつける
のも面倒[ふらふら]

そこでリアキャリアの取り付けを検討[ひらめき]

しかし、各社から適合したリアキャリアが発売されていないことが発覚[バッド(下向き矢印)]
これだけ売れているCB400SFなのですが、SPEC2だけ、何故か対応していないのです[もうやだ~(悲しい顔)]

やっとの思いでCOOCASEからCB400SF SPEC2のリアキャリアが取り付けられそうだという
情報を得たものの、ネット上で取り付けレビューなどのコメントが見当たらない。

しかし、もうこれしか選択肢がない。なのでポチリと購入に至りました。

先に言っておきますが、これを取り付けるにあたって、相当な時間とお金が掛かってしまったことを
お伝えしておきます。

■苦労話1 ボルトが外れない。
COOCASEのリアキャリアはサスペンション部のボルトに共締めで取り付けをするのですが、
僕が買ったCBは、酷い環境に置かれていたのでしょう。
サビでボロボロになっていて、どれだけ力を入れてもボルトが外れないのです[パンチ]
下写真は問題の箇所
1.jpg

どうしても取れないので、この間ブレーキトラブルでお世話になった近所のバイク屋に持ち込み、
恥を忍んで取り外しをお願いしましたが、工具が痛むという理由で断られる[爆弾]

次に、近所のスクーターが沢山おいてあるホンダ系のショップに相談すると、快諾いただきました。
しかし、作業はボルトを熱し、無理やり外すというもので最悪、ボルトが折れる可能性があり、
その場合は削り作業なども発生するため、ボルトの予備など十分な準備を整えてからやるとのこと
で作業は1週間後に行うことに[わーい(嬉しい顔)]

そして作業当日、2時間ほど掛け、無事に取り外しが完了。
本当に有難うございました[わーい(嬉しい顔)]

ちなみにボルト外しに掛かった費用は¥4200-[もうやだ~(悲しい顔)]

苦労話② マフラーステーが干渉する

COOCASEのリアキャリアは基本、完全純正のCB400用に設計されており、アップマフラーにしている場合、
マフラーステーがリアキャリアに干渉し、取り付けが出来ません[もうやだ~(悲しい顔)]

そこで、強引にリアキャリアをマフラーステーとタンデムステップの外側に取り付け、やや強引に
引っ張るような形で取り付けをする。

下写真のような順番
2.jpg

なんとか取り付けをしたところで、次にシート下にある純正荷物フックを取り外してL金具を取り付ける。
3.jpg

ここで新たなトラブルが発生!

苦労話③ ウィンカーが干渉する

これも恐らく、純正CB400では全く問題にならないことなのだろうと思いますが、僕のバイクの場合、
フェンダーレス仕様になっています。

恐らく、ウィンカー位置が高くなっているのでしょう(もしくは社外ウィンカーだから?)

リアキャリアのアームとウィンカーが干渉してL金具に取り付けが出来ません[がく~(落胆した顔)]

後のことは、あとに考えるとして、とりあえずウィンカーを取り外してリアキャリアの取り付けを進める。

ウィンカーはとりあえず光れば良いので、上向きに取り付け
5.jpg

なんとか形になりました。

取り付け後はこんな感じ。

4.jpg


もし、CB spec2でこのリアキャリア取り付けを考えている方がいるのであれば、以下の場合は加工や工夫が
必要と覚えておいてください。

①マフラーは純正じゃない
②フェンダーレスにしている
③ウィンカーを社外品に交換している



そういうわけでとりあえず取り付きましたが、ウィンカーだけ問題。
そもそも車検に通るのか?

近いうちにウィンカーは別部分に移設しないといけないですな。


後輪ブレーキが効かない! [CB400SF]

昨日、運転していると急に後輪ブレーキの重みがなくなり、ほぼ全部遊びのような状態に。

幸い、エンジンブレーキと前輪ブレーキが生きていたので、問題なく走行できましたが、
坂道発進のときは、後輪ブレーキが効かず、足ブレーキに頼る状況。

飛ばしてたらやばかったかも。

さすがレッドバロンだな、と改めて思わされる。

購入して1ヶ月が経過していることから、恐らくレッドバロンに持ち込みをしても
保証の対象にはならず、工賃を取られるだろう。
同じ工賃を払うなら別のところにお願いしたい。

以前載っていたSRは走行距離が少なく、しかもメンテナンスはYSPにお願いをしていましたので
トラブルは皆無。

今後、このようなトラブルが増えるであろうことは予想出来そうな年式と走行距離のため、
どこか頼れるバイク屋を近所で探しておくべきだと考えた。

あれこれネットでバイク屋を探したところ、非常に人柄が良さそうなご主人であろうことが
ホームページから見て取れるバイク屋YAMAHA YOU SHOP HOT-1を発見

http://www.bea.hi-ho.ne.jp/hot-1/

専門はヤマハとのことだったが、まずは電話で内容をお話するとすぐに対応してくれることに。

お店に到着すると、バイクの音を聞いてすぐにご主人が駆けつけてくれました。
少し後輪ブレーキに触ってすぐに、タイヤを見る。

『ブレーキオイル漏れだよ、これ見てごらん。この茶色のやつ全部ブレーキオイル』
2.jpg

そして問題のブレーキオイルを入れている容器がコレ。
1.jpg

とりあえず、なんか良く分からないエアコンプレッサーとかを使って色々イジっていただき、
ブレーキオイルを追加して浸透させると、フレーキ復活。

しかし漏れの原因が分からない。
しばらく、漏れの原因を探してみるが、どこからも漏れる様子がない。

結局、なぜ漏れたかの特定は出来なかったが、とりあえず治った。

しばらくコレで様子を見て、また漏れるようならば、次に原因を探せばよいと思い、
今日はこれにて終了。

お代は¥3,000-でしたが、ここぞとばかりにプロに聞きたかったことなどを聞き出したし、
近所で信用できそうな人柄の良いバイク屋に出会えたので、それだけでも儲けもんでした。

これからお世話になります!

→翌日走行すると、やはりブレーキオイルが漏れる。
 パッキンを交換してもらい、とりあえずは直ったか?
 追加修理代¥2100-でした。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。